TV番組「あいのり」の話

昔、「あいのり」というフジテレビの恋愛観察バラエティ番組がありました。

「あいのり」
「あいのり」については、フジテレビのサイトから検索できます。
現在は、Netflix で後継番組が放送されているようです。

ラブワゴンというピンク色のワゴン車に、見ず知らずの男女数人が乗り込み世界中を旅する。
その道中でカップルができたら帰国し、新しいメンバーが補充される。
というのを繰り返しつつ、何ヶ月も旅を続けるという番組。

コミュニケーションの視点から

参加者達は言葉が通じない国で、買い物や宿探しのために、現地の人と身振り手振りでコミュニケーションを取ろうとします。

これが、案外通じているのです。

これは、

  • 伝える側の「伝えたい」という思い
  • 聞く側の「理解してあげたい」という思い

の両方がうまくかみ合って、成し遂げられているのです。

一方、ラブワゴンの中では、

例えば、新しい参加者が一風変わった行動をする人物だったりすると、ケンカや対立の種になってしまうことがあるのです。

言葉が通じる日本人同士にも関わらず、相手の言動が気に入らないなどの理由で、コミュニケーションが成り立たないのです。

お互いがPs-f(心理的フィルタ)を閉じてしまっている状態になってしまうのです。

感想

前者は、言葉が通じないのにも関わらず、コミュニケーションが成り立ってしまう
っていうのは、面白いものだなぁ、と感激したのを覚えています。

思いを伝える、思いが通じるっていうのは素敵ですね。

5631通信(無料メルマガ)

電子書籍

TOP