コミュニケーションに自信がないという人へ

  • 「コミュニケーションが苦手だ。」
  • 「なるべく人とのコミュニケーションは避けてきた。」
  • 「コミュニケーション能力に自信がない。」

という人に多いのが、

  • 「初対面の人との会話中の沈黙が気まずい。」
  • 「それほど親しくない人との会話がうまくできない。」
  • 「雑談ができない。」

という不安を感じているパターンです。

以前の私も同じように感じていましたので、よく分かります。
ただ、あることに気づいてから、あまり不安になったり、気まずい思いをしたりということがなくなりました。

その、あることとは・・・

状況を俯瞰してみよう

まずここで考えてみたいのは、

  • 「相手がコミュニケーションに自信がある場合。」
      と
    「相手もコミュニケーションに自信がない場合。」

です。

相手がコミュニケーションに自信がある場合

まず、相手がコミュニケーションに自信がある場合は、

  1. 「相手が話をしてくれます。」
  2. 「相手が話をしてくれます。」
  3. 「相手が話をしてくれます。」

大事なことなのに、忘れがちなので3回書きました。
だから基本、相手に任せておけば大丈夫です。

相槌と質問に答えることさえできていれば、場はもちます。

注意することがあるとすれば・・・

自分がコミュニケーションが苦手・自信がないことを気にし過ぎないことです。
気にし過ぎるということは、自分に意識が向きすぎているということです。

「次に何を話そう。」

とか、

「コミュニケーション能力がないと思われるんじゃないか。」

とか、考え過ぎているということです。

それでは、相手の話を聞くことがおろそかになってしまい、うまく相槌を打ったり、質問に答えたりすることができません。

それでは、せっかく相手が話してくれているのに、話す気持ちを奪ってしまいます。

ということなので、相手がコミュニケーションが得意・自信がある場合は、

「相手に任せる。」
「自分に意識を向け過ぎずに、相手や話に意識を向ける。」

と良いでしょう。

すると気になるのは、相手もコミュニケーションに自信がない場合ですよね。

相手もコミュニケーションに自信がない場合

この場合、だいたい

  • 沈黙が続く。
  • 気まずい空気が流れる。
  • 話が盛り上がらない。

ということになります。

ここで考えておきたいのは、その状況を作り出しているのは、あなた一人だけではないということです。

もしかしたら、

  • 相手は話をしなくても良いと思っている。
  • 話をしたくないと思っている。
  • その状況を心地よく感じている。

のかもしれません。
それならば、あなた一人がその状況の責任を感じる必要はありません。

また、会話中の沈黙に意味があることがあります。
それは、

「考えている・感じている時間。」

ということです。

この場合、あなたががんばって話したとしても、ただ邪魔になってしまいます。
そのときは、沈黙が必要なのです。

そういうことなので、あなた一人が気まずい空気の責任を背負い込むことはないのです。

今後、

  • 沈黙が続く。
  • 気まずい空気が流れる。
  • 話が盛り上がらない。

と感じる状況になってしまったら、

「あ、この人も私と同じように、コミュニケーションが苦手なんだな。」

と仲間意識を持ってしまいましょう。

「今は、沈黙が必要な時間なんだな。」

と考えるようにしましょう。

そうすることで・・・
気持ちが焦らず、落ち着いて、その場にいることができるようになるでしょう。

ということなので、相手もコミュニケーションに自信がない場合は、

「仲間意識を持つ。」

と良いでしょう。

そうも言っていられないときは?

とはいえ、

相手がお客様・取引先で、あなたがその場をリードしなければいけない立場の場合には、そんなことも言っていられないかもしれません。

そんな場合へのアドバイスがあるとしたら、

「意識を自分にではなく、相手や外に向けてみる。」

ことです。

  • 「相手は今、この場をどう感じているだろうか?」
    (あなたのことをどう思っているだろう? ではなく)
  • 「相手が興味あることってなんだろうか?」

もっと細かいことで言えば、

  • 「今日、この人はどうやってここまで来たのだろうか?」
  • 「あぁ、今日は天気がいいなぁ。こんな日は出かけたいな。」

などと考えてみるのです。

そうして考えたことを話題にしても良いと思います。

自分に意識を向けて不安になっていると・・・

  1. その空気がその場に滲み出る。
  2. 滲み出た不安を相手が感じる。
  3. それが心理的な壁を作る原因になってしまう。
  4. 相手も話をしにくくなる。

ということになってしまいます。
そうならないためにも、相手や外に意識を向けるようにすると良いでしょう。

まとめ

コミュニケーションに自信がないと思っていたとしても、あまりそのことを気にし過ぎることはありません。

それよりも、相手や外に意識を向けるようにすることが大切です。

5631通信(無料メルマガ)

電子書籍

TOP